Information

新年あけましておめでとうございます。

昨年は世界同時厄災となってしまったコロナ禍により、私たちの日常生活も舞台芸術の状況も大きく変化した年となりました。

重力/Noteにとって2020年は、予定していたツアーのキャンセルなど活動スケジュールの変更を余儀なくされた一方で、〈演劇と生活〉を語らう場としてのSNS上でのライブ配信や、映像製作にチャレンジしたりと、今後の活動に向けての試行錯誤を重ねることもできた一年でした。

2021年の活動は、劇団メンバー平井による無観客オンライン配信企画『塔をめぐる話』からスタートします。
こちらはTPAMフリンジ2021参加作品として1月24日・2月13日の2日間にかけて無観客ライブ配信を試みるもので、Media工房さんとのコラボレーションを通じてダンス×ことば×プロジェクション・マッピングを駆使した意欲作になっています。

なお本作品のアーカイブ映像はライブ配信終了後からご覧いただくことも可能ですが、遠く隔たった場所で同じ時間に起こっている出来事へアクセスする緊張感も含めて、ぜひオンタイムでご覧いただけると幸いです。いま模索される時代の生活様式をめぐるアプローチとして、ご自宅のモニター越しに立ち現れる〈劇場〉にお立ち会いください。

まだまだ気の許せない状況が続きますが、 皆さまにとって2021年が良い一年になりますよう願っています。

ふたたび劇場にて皆さまと直接お会いできる日が来ることを楽しみにしています。

TPAMフリンジ2021参加作品
『塔をめぐる話』

ダンス・振付 :今村よしこ
朗読・企画構成:平井光子(重力/Note)
映像・配信技術:Rob Moreno(Media工房)

⬛︎ 上演日程・無料配信URL ⬛︎

この作品はYouTubeの無料ライブ配信にて発表します。
視聴したい日時の配信URLをクリックすると、YouTubeのライブ配信ページが開きます。開演時間の10分前からカウントダウン動画が始まりますので、そのままお待ちください。
各日程ごと配信URLは以下のとおりです。

2021年
1月24日(日)15:00 配信URL→ https://youtu.be/9bJ3uceLBc8
1月24日(日)18:00 配信URL→  https://youtu.be/XPsrR5kxa40
2月13日(土)11:00 配信URL(24日の録画映像) → https://youtu.be/PUNUgmendW4

*各配信10分前より待機映像を配信します。
*上演時間は30分です。
*各配信のパフォーマンス後にライブアフタートークがあります。

⬛︎ アーカイブ配信 ⬛︎

それぞれ配信直後からアーカイブ映像をご覧いただけます!
配信終了した公演日程のURLをクリックして、いつでもお好きな時間にご覧ください。
動画開始から10分後の時点から再生すると、パフォーマンスの本編からご覧いただけます。

⬛︎ 使用テクスト ⬛︎

川端康成 作『片腕』
小川未明 作『黒い塔』
ニュース速報の自動書き起こしテクスト

⬛︎ 配信会場・助成 ⬛︎

配信会場 :スタジオ階梯 – 空−
助成:文化芸術活動の継続支援事業

⬛︎ 作品について ⬛︎

ことばとダンス、プロジェクション・マッピングという3つの要素から創作するパフォーマンスを、オンラインでライブ配信します(視聴無料・アーカイブ有)。

使用するテクストは、川端康成『片腕』、小川未明『黒い塔』、そして2001年のWorld Trade Center ビルへのテロ事件のニュース速報をYouTubeの自動書き起こしで再生成したテクスト、という3種類の文章です。
21世紀に入って急速に通信技術が発達したいま、私たちは20世紀には想像できなかった形でコミュニケーションしています。顔も見たことのない遠くの相手と瞬時に言葉を交わすこともできます。 しかし夢のような技術進歩の一方で、私たちは、それを誰かとの対話の手段として使いこなせているだろうか?という疑問が残ります。お互いに匿名の「肉体」を接しないもの同士として対峙することが増えたいま、 自分たちが操っていた言語はどう変化していくのでしょうか。

《大昔、すべての地の人類は同じ一つの言語を喋っていた。彼らは協力しあい天まで届くような塔の建設をもくろむ。神はそれを見て怒り、人間の言葉を乱してお互い の言葉を理解できないようにされた。言語の混乱により高い塔の建設は頓挫し、塔は神の大風により転覆させられた。》

これは旧約聖書に記された「バベルの塔」という物語です。
今回はその昔話を基軸のコンセプトとし、〈肉体−塔−言葉〉をめぐる3つの断片を作品化します。
肉体と言葉がばらばらに切断され、再接続して変容していく過程を、カメラを介して覗いてみてください。

※この作品はもともと20年4月に、観客の触覚にフォーカスした映像×ダンス作品として上演予定だった作品のWork in Progressです。21年の夏以降に延期された上演に向けて、視聴後アンケートまたは上演後はYouTubeのチャット欄で、ご意見ご感想・質問などお寄せください。

⬛︎ 視聴後アンケート⬛︎

こちらのページからアンケートを承ります→専用サイト

⬛︎ 重力/Note平井企画 × Media工房 ⬛︎

劇団「重力/Note」俳優・平井光子と、Media工房の映像作家 Rob Morenoとの共同制作。2018年よりプロジェクション・マッピングを使った映像×パフォーマンス作品の創作を開始した。『塔をめぐる話』はその第2作目としてダンサー・今村よしこ が出演する。ダンス×言葉×プロジェクション・マッピングの作品として20年4月に上演予定だったが、コロナ禍により延期。コロナ後の上演に向けて、オンラインで試作を続けている。

⬛︎お問い合わせ⬛︎

TEL. 090-9907-9699(平井)
TPAMフリンジWeb. https://www.tpam.or.jp/program/2021/?program=89

【各サイトにて随時最新情報をお送りしています】

facebook https://www.facebook.com/jyuuryokuNote/
twitter Note1069 Instagram Jyuuryoku-note