A MAN


諦めることは、何かに屈服することから始まる

▷Project

『LOVE JUNKIES』において位置づけた〈一人になる芝居〉シリーズ第二弾

長い歴史において、私たち人類が期待/幻滅してきた〈男〉とは一体何だったのか? 

彼らはいまどう在って、これからどこへ向かおうとしているのか?

旅先での思索を記すことで知られる思想家アルフォンソ・リンギスのエッセイ集『信頼』を演劇化

仙台を拠点に国内外で旺盛な活動を続ける俳優・小濱昭博が出演


▷あらすじ

廃墟になった家の前で、男が立ち尽くしている。かつて住んだ家の間取りを確かめる最中、ひき裂かれた手紙から混じりこんでいく見知らぬ男女の記憶。二人の破局をめぐるイメージは、やがて暴力と勇気の歴史へと誘う……。


©︎舞台写真:岩渕 隆


会場        せんだい演劇工房10-BOX box-1


原作        アルフォンソ・リンギス(『信頼』より)
翻訳        工藤 順


出演        小濱 昭博


演出・舞台美術   鹿島 将介


舞台監督・照明   山澤 和幸


音楽        中里 広太


制作        志賀 彩美(演劇ユニット 箱庭)


制作補助      安齋 琴恵 横澤 のぶ


宣伝美術      青木 祐輔


撮影        岩渕 隆


協力        University of Minnesota Press 劇団 短距離男道ミサイル チェルノゼム 演劇ユニット 箱庭 

          ゆめみるけんり 木もれび食堂 本多 萌恵 阿部 豪毅 


助成        公益財団法人仙台市市民文化事業団(2021年度分・翻訳WSおよび著作権関連)


主催        重力/Note


ハッシュタグ    #重力Note #AMAN小濱昭博


上演時間      約75分


再演        ◯


本公演は一般社団法人緊急事態舞台芸術ネットワーク「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」及び、公益社団法人全国公立文化施設協会「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を遵守し公演の準備・運営を行いました。


フライヤーデザイン:青木 祐輔

▷舞台美術プラン(デザイン:鹿島 将介 作製:山澤 和幸)

会場時の舞台 ©︎舞台美術:鹿島 将介 ©︎写真:岩渕 隆

▷当日パンフレット挨拶文

「勇気と信頼には共通点がある」と始まるアルフォンソ・リンギス『信頼』を演劇化するのは、今回で二作目となります。

前作では〈信頼〉、今作は〈勇気〉にフォーカスし、不合理で不確かな行動を選び取っていく人間について向き合ってみました。昨今様々な出来事に対する応答をめぐって、誰しもがスタンスを問われる時代になってきたというのもありますが、その一方で目の前にある事態に対し「実際に〈勇気〉を求められる選択肢とは何であるか」を見極めるのはますます難しくなっている気がします。個人の意志と選択を装いながら、気がつかないうちに選ばされているのが現代とも言えるからです。

ところで〈勇気〉と〈勇気みたいなもの〉のあいだでうつろうことは、人生を振り返るとよく見受けられます。どうも〈勇気〉は忘れっぽい。生きていく中で、間違いなく捨て難い選択肢の数々に対してのっぴきならない決断を重ねてきたはずなのに、今となっては綱渡り、全ては偶然の産物だった気さえする。明瞭に憶えている決心だと思い当たるものでさえ、説明しやすいように物語化され、捨てた選択肢やそれに関わりある人やものの存在への想いがそう思わせているふしがあります。あのとき働いた意志の働きにしても、現在の私たちにおいていまなお揺るがない決意として思い描くことができなかったりもします。たしかに〈勇気〉をめぐる意志と行動のモデルは、歴史の中で様々な描かれ方をしてきたし、それは繰り返し演じられるけれども、いま私たちにとっての〈勇気〉は一体どんな在り方を求めるものなのか? 一貫したものなのか点在するものなのか? 明瞭なのか曖昧なのか? かたいのかやわらかいのか? 

こうした問いを抱きながら取り組まれ、テクストに潜む〈声〉に耳をすましながら、ようやく本日『A MAN』を皆さんにお届けできます。前作から二年十ヶ月も発表が延び、その間に出演する小濱昭博さんはじめメンバーそれぞれの人生の季節を迎えました。私たちを脅かす厄災の数は増える一方ですが、各々できることから始めましょう。皆さんとこうして劇場にてふたたび集いあえたことに感謝しています。

                                     鹿島 将介


Creation process

▷リモート稽古&創作体制

▷翻訳の工藤順によるテクスト訳出

▷コミュニティ・コレクティヴ構想と実践

▷アクチュアリティの変遷(コロナ禍による公演延期と中断、ウクライナ侵攻の影響など)

▷山澤和幸による照明実験

▷サウンドデザイナー中里広太による作曲&即興オペレーション

©︎写真:岩渕 隆

Related Projects

2021年9月5日「翻訳から『信頼』を考える––英→日翻訳ワークショップ」開催 

助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団(2021年度分)


▷原作版『A MAN』を収録した冊子を販売

工藤順さん翻訳の原作テクストに加え、鹿島将介と小濱昭博の「創作ノート」の一部も収録!
価格:1,000円(送料別) ロットナンバー付 限定120部 チケットと共にオンラインストアにて発売中


▷インタビュー企画&トーク配信


▷苗券(なえチケ)

皆さんが学生さん宛にチケットをギフトできる券です。またご予約時にお名前・SNSのアカウント・コメントを備考欄にご記載いただければ、チケット残数を案内する際にご提供者さまとしてご紹介します。人から人へ、未知と偶然で結ぶ試みとなります。


▷オンライン受付(横澤のぶによるリモートでの現場参加)

©︎写真:志賀 彩美

写真:鹿島 将介

【アルフォンソ・リンギス Alphonso Lingis】
1933年生まれ。哲学者。ペンシルヴァニア州立大学名誉教授。リトアニアからの移民の子として、シカゴ郊外の農場に生まれる。学生時代は精神病院で働いていた。フランス現象学と実存主義の研究者としてスタートし、のちにバタイユやブランショの思想に接近。メルロ=ポンティ、レヴィナス、クロソウスキーの翻訳者としても知られる。また世界中を旅し異国で生活をする思想家としても名高く、その経験を発端とした哲学的な洞察をもとに、越境的な想像力と情動を孕んだ独特の文体で読者に問いかける。主な著書に『信頼』『汝の敵を愛せ』『何も共有していない者たちの共同体』『異邦の身体』『暴力の輝き』『わたしの声:一人称単数について』などがある。


Project Member

【小濱 昭博 Akihiro Kohama】
1983年、宮城県仙台市生まれ。俳優、演出家。宮城教育大学在学中に演劇を始める。「劇団 短距離男道ミサイル」所属。自身で演出も行うユニット「チェルノゼム」でも活動中。拠点・仙台以外にも東京や京都、フランス、チュニジア、香港など広く活動の場を持つ。息づかいや身体造形にこだわり構築する、変幻自在な人間像で観客を魅了する。

【工藤 順 Nao Kudo】
1992年新潟生まれ。ロシア語翻訳労働者。詩と翻訳のzine「ゆめみるけんり」主宰。アンドレイ・プラトーノフ『不死』(未知谷、2018)編訳、重力/Note公演『LOVE JUNKIES』(2019)で翻訳を担当。共訳によるプラトーノフの長篇小説『チェヴェングール』を2022年刊行予定。

【山澤 和幸 Kazuyuki Yamazawa】
1988年生まれ。照明家、舞台スタッフ、俳優。宮城県出身。大学卒業後からフリーランスの俳優、スタッフとして演劇やダンスに横断的に取り組む。日常的に物思いにふけることが多く、単純で繊細なものを好む。過去照明として関わった作品 2020年 屋根裏ハイツ『ここは出口ではない/とおくはちかい』、2021年 仙台シアターラボ『ペスト』東京公演等。

【中里 広太 Kota Nakasato】
1983年仙台市生まれ。サウンドデザイナー。2008年より音の即興アーティストとして活動をスタートさせる。これまでに多ジャンルのアーティストとのコラボレーション多数。近年はサウンドインスタレーションも発表しており、年一回個展を行っている。仙台で結成されたレーベル「ネオ・ノイジズム・オルガナイザーズ」に所属し、関本欣哉とのDJユニット「APETOPE」としても活動中。2016年9月、「月刊コータプロジェクト」始動。2019年、2枚目のCDアルバム『Foot Scape』をリリースした。

【志賀 彩美 Ayami Shiga】
1993年生まれ。制作/俳優。福島大学演劇研究会卒業後、演劇ユニット 箱庭をたちあげ、2018年宮城県へ移住。仙台市を中心に、制作/俳優として箱庭だけでなく、他団体への参加も精力的に行う。民間企業正社員として働きながら、演劇活動を両立/兼業できる生き方を模索する。綿密な企画書をもとにした実直な制作進行、手厚い接客対応に高い評価を得る。2020年より、仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北・制作を担当。

【安齋 琴恵 Kotoe Ansai】
1997年生まれ。社会人2年目。高校から演劇を始め、東北学院大学演劇部では俳優/制作で内外問わず活動。卒業後は就職を機に7年続けた演劇を休止。シフト制民間企業と演劇を両立出来るか挑戦を始めた。卒業公演「止まらない子供たちが轢かれてゆく」に出演。

【横澤 のぶ Nobu Yokozawa】
1997年生まれ。演出/俳優。宮城県仙台市出身。東北学院大学教養学部人間科学科卒業。東北学院大学演劇部OG。学生時代は演出として、仙台短編戯曲賞を中心に公演を手がける。また、積極的に劇団や他大学演劇部との交流を持ち、他大学合同WSを企画、開催する。現在は長野県松本市で働きながら、演劇活動を行う。仙台と松本をつなぐ架け橋になりたい。出演代表作品はチェルノゼム「わたしたち/ロミオとジュリエット」である。

【鹿島 将介 Nobusuke Kashima】
1983年生まれ。千葉県出身。重力/Note代表・演出・ひとり芝居作家。「次なる舞台俳優のための育成プログラム〈Ship〉」プログラム・ディレクター。2019年からは鎌倉を拠点に活動中。人類史上において破局的な経験を描く作家/テクストを中心に取りあげ、その物語と構造を必要とした共同体の生存感覚を分析し再構成して演劇化する。主な作品に『雲。家。』(F/T12公募プログラム参加作品)、『偽造/夏目漱石』(第20回BeSeTo演劇祭BeSeTo+参加作品)など。2013年には『子午線%石たち』(若伊達プロジェクト)、『リスボン@ペソア』、2019年は『LOVE JUNKIES』を仙台で上演した。


Copyright © 2008-重力/Note. All rights reserved.