Profile


写真:岩渕 隆

【Nobusuke Kashima|鹿島 将介】

1983年生まれ。千葉県出身。重力/Note代表・演出・ひとり芝居作家。「次なる舞台俳優のための育成プログラム〈Ship〉」プログラム・ディレクター。

人類史上において破局的な経験を描く作家/テクストを中心に取りあげ、その物語を必要とした共同体/観客の生存感覚を分析し再構成して演劇化する。クリエーション・メンバーのヒアリングをもとに創作プロセス自体を発明し、各自がこれまでのキャリアで蓄積してきた演劇的感性を解放・自立させるアプローチが特徴。

主な作品に『雲。家。』(F/T12公募プログラム参加作品)、『偽造/夏目漱石』(第20回BeSeTo演劇祭BeSeTo+参加作品)、『人形の家』(TPAM showcase 参加作品)など。仙台との縁が深く2013年には『子午線%石たち』(若伊達プロジェクトの滞在制作)、『リスボン@ペソア』、2019年は『LOVE JUNKIES』を上演した。近年はひとり芝居のオーダーメイドを手掛ける。

そのほか個人の活動として『ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア one table two chairs meeting 2016』(座・高円寺主催)にオブザーバーで参加。また国際交流基金アジアセンターによる「Next Generation – 次世代プロデューサー育成事業」に参加した。様々な現場を経験することで蓄積される俳優個々の演劇性/作家性に注目し、その言説を蒐集・アーカイブして公開していく合宿型育成プログラム〈Ship〉を十年計画で取り組む。

2019年からは鎌倉を拠点に活動中。猫の世話は日課のひとつ。



▷次なる舞台俳優のための育成プログラム〈Ship〉


Copyright © 2008-重力/Note. All rights reserved.